• アリスボーカル教室

のど声って何!?

最終更新: 2019年6月28日

ボイトレで大半の方が直さなければいけないのど声。


のど声とは、声を出す時に声帯にだけに力を入れて喋るすることです。そのまま喋ったり歌い続けたりすると、声が枯れたりひどい時には声帯ポリープができたりします。ポリープは声帯にできるタコのようなものです。


なぜのど声で喋ってしまうのか!?声は本来、口をしっかりと開けて、顔の筋肉を使い、声の出る正しい姿勢で、体を響かせ、呼吸は腹式呼吸を使って出していくものです。それを全くしなければ、声帯負担が100%なります。


その負担を軽減するコツを覚えていくことで、楽に声が出せるようになってくるのです。


ボイストレーニングは発声そのものを正しい状態に導きます。これから何十年も付き合うご自分の声、声帯をメンテナンスしてあげることは自分磨きに繋がります♪


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

ストレッチボイトレを推奨

歌は喉で歌うって勘違いをされている方は多いです。レッスンに来られて、えー!!こんなに体を使うんですか!?疲れますね(笑)と仰る方も多いです。 そして体をストレッチしながらボイトレをやるというスタイルにも驚かれることがあります。力みが自然に取れて声の出やすさが変わるので即効性があるのです(^^) その時に声がスムーズに出た体の感覚を覚えて、繰り返して定着させて、実際の歌に活かすという流れです(^^)

なぜ腹式呼吸で歌うの?

アリスボーカル教室では体を動かし緩めながら歌うレッスンを行っていますが、まずは腹式呼吸の方法を身につけましょう。鼻から吸って口から吐きます。 腹式呼吸は肺の下にある横隔膜を使った呼吸です。横隔膜を下げることで肺が膨らみ、たっぷりと息を吸い込むことができます。吐く時にもお腹でコントロールがしやすくなり、力が入りがちな首や肩周りがリラックスすることができて→声が出しやすくなるのです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now